花美館ブログへようこそ!

新京成線元山駅前「花美館」よりお花とメダカに関する情報を発信していきます。
花とメダカの~花美館ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  メダカ >  メダカの飼育水について(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メダカの飼育水について(2)

前回の記事に引き続き飼育水のことについて書いてみます。
お客様に「水が濁っていちゃぁ、せっかくメダカを飼育していても見えなくてつまらないんだよナァ・・・・!!」と言う声が多く聞かれましたので、今回は飼育水をどうしたら濁らないようにするか?
ということを書いていこうと思います。

前回の記事にも書きましたように何故水がグリーンに濁るのか?
それは、無機質の水の中にホコリだとか落ち葉だとか餌だとか、有機質のものが入り込みそれが太陽光で水温上昇とともに光合成が起こりたくさんのバクテリアが発生し水中に舞っているのだと思っているのです。

と、するとこのバクテリアを1箇所にまとめることが出来れば水は澄むんじゃぁないか?
それじゃぁ、バクテリアの住家をつくってあげよう、かくれるところをつくってあげよう!!

と言う発想から花屋ですので身近にある多孔質の園芸用の赤玉土を厚めに(約3~5cm)容器の底にひいてあげたんです。
するとどうでしょう、土を入れたときはしばらく濁っていますが、数日するとものの見事に水は澄んできたじゃありませんか!!
土を入れた水槽

バクテリアたちは、土の多孔質の穴の中や土の隙間などに住家をもとめ、ものの見事に隠れ潜んだものと僕は解釈しております。
水槽でも、睡蓮鉢でもハッポー容器でも、ろ過器を使わずに澄んだ水にするには今、書いたことを念頭に入れておいてそれを応用すればメダカを鑑賞するアイデアがいろいろ浮かんでくると思います。

たまにお客さんで土をひいているのに水が濁ったままなんだけど?
と言うお客さんがおりますが、良く聞くとほとんどがひいている土の量が少ないためにバクテリアが隠れきれないという事が原因のようです。

ですので多孔質のものを厚めにひく!!と言うことがポイントになります。

みなさんも、是非ためしてみてください。



○メダカ飼育に教わる人生観
落ち着ける住み家ってたいせつだなぁ・・・・












ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします♪

スポンサーサイト
[ 2011/07/26 12:38 ] メダカ | TB(-) | CM(2)
こんばんは、初コメントです。
メダカ飼育一年生です。
我が家では、ハッポー容器に赤玉土をいれて外で飼ってます。
いくつかある中で、透明なもの、グリーンなもの、少し茶っぽく
なるものがあります。
今日の記事を拝見し、やっとその理由が分かりました。

ありがとうございます。
またお邪魔させていただきます。
[ 2011/07/28 18:27 ] [ 編集 ]
コメントありがとう!!
かっくんさん、コメントありがとうございます!!

僕も名前が勝彦なもんで「かっくん」と呼ばれていたことがあってとても親近感を感じます。

>いくつかある中で、透明なもの、グリーンなもの、少し茶っぽく
なるものがあります。

はい、そうなんですよね。

入れている土の量で水が澄むか澄まないかがきまってきますね~。

僕は、シロートなのでブログに書いたことが、正しいかどうか、ハッキリしたことは言えませんが、今まで飼育してきてそのように感じております。

これからも宜しくお願いします。
[ 2011/07/28 20:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。