花美館ブログへようこそ!

新京成線元山駅前「花美館」よりお花とメダカに関する情報を発信していきます。
花とメダカの~花美館ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  メダカ >  メダカの飼育水について(1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メダカの飼育水について(1)

わけあって、日本メダカ協会千葉県松戸支部より脱会いたしましたのでこれからは花美館の山ちゃんとして自分のブログでメダカの情報発信をしていこうと思いますので皆さん、宜しくお願いいたします。

まず、今日はお客様に良く聞かれるメダカの飼育水について僕の今までの経験で学んだことを書いてみようと思います。

皆さんは、よく「メダカの水がすぐ汚れるんだよね~」といいながら濁ったらすぐに済んだ水に変えてみたり底にたまったフンやゴミ、泥のようなものをさらってしまいますが僕はそのようなことは一切いたしません。

基本的に緑の水になったらそのままです。
グリーンウォーター
ご覧のとおりどこにメダカがいるかわからないくらいです。
このような水でメダカたちはとても元気に育つんです。
この濁っているものは水中を漂っているバクテリア達なんです。
ですので、この水は栄養価の高い生きた水なんです。

また、水が濁っていて人からメダカが見えないということはメダカからも人が見えづらいということで人影におびえることなくメダカたちは落ち着いた暮らしができるということなんです。

今の時期、水替えといえば1週間に1度、桶で3分の1くらい捨て新しい水をたすだけです。
そのようなことを何週間か続けていると
澄んだ水
このように水が澄んでくるんです。
これを僕はできあがった水と呼んでいます。
澄んだ水

下に沈んでいるものはゴミや泥のように見えますが僕はこれをとても大事なバクテリアたちだと思っているんです。
皆さんは、これを捨ててしまってはいませんか?
僕はこれを掬い取り天日で乾燥させます。
バクテリア1
ちなみにこれは見た目は非常に汚く見えますが全く臭くありません。
ここは、大切なキーポイントです。
もし、匂いをかいで臭いようでしたらもうそれは腐ってヘドロ化しておりますのでその水槽の水は全替えを僕はいたします。
ヘドロ化したものは使えません!!
バクテリア2
乾燥するとこのようになります。
これを僕は砕いてすり潰して新しく立ち上げた水の中に入れてあげて水を作るようにしております。


バクテリアの入っていない新しい水は写真のように
分解されない残り餌
前日あげた残り餌がそのまま水面に浮いていたり、沈んだ残り餌には綿ボコリのようなカビが生え腐敗していきます。
めだかにあげている餌の量が多いとこの積み重ねで水が腐敗していくのです。

それを防ぐために上記で作ったバクテリアを投入し残り餌をバクテリアたちに分解してもらうんです。
そうすることで水は腐ることなくまたそこには、ミジンコや赤ムシ、などのメダカの餌となる小さな生物達が発生してきて一つの生命の循環世界が出来上がるのです。
メダカを上手に飼育するにはそこのところがポイントになります!!

決して人間の見た目で綺麗、汚いを判断しないことです!!

○メダカ飼育に教わる人生観
見た目だけで物事なんでも判断してはいけない!!

何か、わからないことなどございましたら、コメント欄に質問事項など書いていただけましたら僕の判る範囲でお答えしていきたいと思っております。








span style="font-size:large;">ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします♪
スポンサーサイト
[ 2011/07/23 17:57 ] メダカ | TB(-) | CM(4)
こんばんは。
こんばんは。

お久しぶりです。(^^♪
そう言われば、おっちゃんも底に溜まったゴミとか糞そのままですね。
僕も試しにやってみようと思います。
ちょくちょく遊びにきますので、よろしく(^^♪
[ 2011/07/23 20:48 ] [ 編集 ]
うわぁ~(^O^)/
うわぁ~♪♪♪(^O^)/

本当に静岡さんですか~!!

コメントもらえるなんて、うれしいなぁ~!!

ほんと、ひさしぶりですね~♪

お元気でしたか?

僕はちょっといろいろありましてメダカ協会千葉県松戸支部を抜けることになりました。

これからは、ここの自分のブログで情報発信をしていこうと思ってますので宜しくお願いいたします。

それにしても、コメントありがとうございます。

そうなんです!!

生き物に適した水を作るにはバクテリアがとても大切だと思っています。

これからもちょくちょく遊びに来てコメント残していってくださいね~♪♪
[ 2011/07/23 21:35 ] [ 編集 ]
目から・・・
こんにちは。コウパパです。
先日は○○会でのコメントありがとうございました。

むむ!なるほど!!これなら種水がなくても
OKですね。目からウロコです。

これからも勉強になる記事
(繁殖のヒケツなんかいいな~。(^○^))
よろしくお願いします。
[ 2011/07/25 13:28 ] [ 編集 ]
ありがとう
コウババさん、コメントありがとうございます。i-237

参考になるかどうか、わかりませんがシロートが長年メダカを飼育してきて感じたことメダカ達が訴えかけてきたことなど記事にしていこうかなと思っております。
ですので、ここに書いたことは学者の方、プロの方が見たら正しくないことかもしれませんのでその辺のところはご了承ください。

今回の記事でも僕がバクテリアの塊として作っている物もプロの方達が見たら「それは危険だ!!」と言われると思います。
それはその塊の中にはメダカに良いバクテリアも悪いバクテリアも両方いると思われるからです。
しかし、僕はあえてそれでいいと思っているのです。
悪いバクテリアがいてこそメダカたちの身体の中の細胞がそれと戦いあいながら成長し少々の病原菌には負けない丈夫なメダカに育ってくれると僕は、思っているからなんです。
今日のランチュウや、土佐金などのように長年、大事に大事に育てられて病気や、少々の水温変化、水質の変化に耐えられないような魚にしてしまってはいけない!!
と、僕は思っているのです。
それであえて僕は自然界では当たり前なこのような試練をメダカたちに与えて常に丈夫なメダカ作りにこだわりをもって飼育しております。

正しいかどうか判りませんけど僕のこだわりの飼育法を今後も記事として書いていこうと思っておりますのでこれからもどうかコメント宜しくお願いいたします。



[ 2011/07/25 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。