花美館ブログへようこそ!

新京成線元山駅前「花美館」よりお花とメダカに関する情報を発信していきます。
花とメダカの~花美館ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  メダカ >  金魚から学ぶ体色の妙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金魚から学ぶ体色の妙

一年前、体長6cm程度の子どもの黒出目金と濃いオレンジ出目金を1匹づつ購入し飼育していたら驚くような変化がおきました。
これは、長年、赤いメダカを作り出そうと思っていろいろ交配を続けている者にとっては何かヒントが隠されているように思います。


ちょう尾現在の姿

これは、購入1年後の今現在の2匹の出目金たちです。
注目は右側の真っ赤な出目金です。

これは、購入時は黒出目金だったんですよ!!
購入時の写真がこれです!!
くろちょう尾購入時

この黒出目金が1年後にはあの見事な真っ赤に変化したのです!!
これは金魚を飼育している方々にとっては日常ごく普通に起こっていることのようで驚くようなことではないようですが、僕にとっては、新しい発見!!

僕が今まさにメダカに求めている赤があの真っ赤な色です。
然し今の楊貴妃からでは、左側の出目金の色止まり!!

左側の出目の小さかった時の色の写真が無いのですが、濃いオレンジ色でした。
先日購入した土佐金の色がその時の色に近いので写真を載せてみます。
土佐金

一番上の写真の左側の出目金は購入時この土佐金のような色だったんですよ。
この写真を見て何か気が付きませんか?

そうなんです!!
まさに、メダカの楊貴妃の色そのままなんです!!

楊貴妃も生まれた年はそれほど色は上がってこないでこの土佐金の写真のような色ですが、翌年4、5月を越えた頃から濃くなるものは1番目の写真の左側の出目金の色まで仕上がってきます。

今のメダカのレベルはもう、ここまではたどり着いているということです。

問題は右側にいる出目金の赤にたどり着くにはどうすればいいか??????

なんですが・・・・・・

これをクリアするのはハードルが今まで以上に高いようで今いる楊貴妃同士の交配では出て来ないと僕は思っています。

あの真っ赤な出目金が黒出目金から変化したという過程からみてメダカであの真っ赤を目指すには黒というメダカが鍵を握っていると思って間違いないと思っております。

今年はこの辺のことをヒントにしながら新しい交配をしていこうと思っています♪♪












ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします♪


スポンサーサイト
[ 2013/02/12 12:33 ] メダカ | TB(-) | CM(4)
はじめまして
この記事を読み驚いたのでコメントさせて頂きます。

何故驚いたかと言うと数年前に同じ事を思い
去年から小川ブラック×楊貴妃
小川ブラック×琥珀錦透明鱗等の交配を続けていたからです。

何故私が黒と赤の交配にたどり着いたかと申しますとめだかの魅力に取りつかれる以前、熱帯魚のエビ等のブリーダーをしており赤の発色を上げる為には黒との掛け合わせが重要だとしっていたからです。

今年F2~F3が沢山生まれているので今後の成長が楽しみです。

それから底に置くタイプの卵取りも形こそ違いますが数年前より自作して使用してましたのでそちらも思考が似ててなんだか嬉しかったです。

突然お邪魔して色々書き失礼致しましたm(__)m

同じ思考をお持ちの方の存在をしり嬉しかったもので(;^_^A

それでは失礼致しますm(__)m
[ 2013/07/03 12:32 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
丸徳さま、コメントありがとうございます。

実は、この記事は、日本メダカ協会東京支部のブログで、2013.02.12 に「赤を求めて緋メダカの歴史からみる交配のヒント」という題名で記事を書いたのですが、その記事とつながっているものなんです。
よろしければ、そちらのほうもご覧いただけると面白いかと思います。

僕も数年前より小川ブラックと楊貴妃の交配をしておりますが、そこそこ濃い色の楊貴妃は生まれてきますが、まだまだ真紅にはいたっておりません。

真紅の色を出すには身体に透明感のない表面にベタッと色の載ったメダカを見つけ出すことが必須かと思います。
このことは、レッドビーシュリンプの進化の過程を見ても明らかか、と思います。
もともとエビは透明感の強い身体ですが、突然変異で体表に透明感の無い黒の色素を持ったものが見つかり、次にそれが白に変化したものが現れ、最後に赤が現れたという経緯があります。
このようにメダカでも体表にベタで透明感のない色素を持ったメダカを見つけ出すことが第一条件ではないか?
これが正しいかどうかは判りませんがこのように思うようになってきております。
それで去年、ヤフオクで8人衆が出品しているメダカで横見写真でベタに色がのり、骨の透けて見えないメダカの卵を購入いたしましたが、孵化したものは全て青系の透明感のある普通の幹之メダカばかりでした。
8人衆が掲げた親のメダカの写真は加工写真なのでしょう・・・・・・。

エビにジャパンブルーという透明感のある青色のエビがおりますが、これはレッドビーシュリンプのように体表にベタに色がのりません。
今のメダカのレベルはまだまだこのレベルということです。

丸徳さんも、メダカに僕と同じような思いを感じているということは、僕の予想もまんざら的外れではないのでしょうね・・・・・・

共感してくれる方がいてくれて嬉しいです。





[ 2013/07/03 16:43 ] [ 編集 ]
有難う御座いました。
突然のコメントにも関わらず御丁寧な返答誠に有難う御座いましたm(__)m

また突然お邪魔するかも知れませんが何卒宜しくお願い致しますm(__)m
[ 2013/07/03 19:31 ] [ 編集 ]
いつでもお気軽にコメントくださいネ♪♪
気の向いたときにしか書かないブログですが、お気軽にコメントくださいネ♪♪

ご質問などでもいいですよ。

僕の判る範囲でお答えいたします。

ブログの記事として使っちゃうかも・・・・・(笑)
[ 2013/07/03 20:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。