花美館ブログへようこそ!

新京成線元山駅前「花美館」よりお花とメダカに関する情報を発信していきます。
花とメダカの~花美館ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  メダカ >  8人衆の卵を購入した方より・・・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8人衆の卵を購入した方より・・・・・・・

先日、初期の8人衆が出品したときの卵を購入して育てている。
と言う方よりお問い合わせがございました。
メールで写真を送信していただきいろいろとお答えさせていただきました。
その内容が、メダカを飼育している方、オークション、通販でメダカの購入を考えている方などにとって少しでも何かの参考になるのではないか・・・?
と、思いお問い合わせを頂きました方の了承を得て、その方のご好意で記事にさせていただけることになりました。

仮にその方の名をAさんといたします。
Aさんは、8人衆がヤフオクに現れた初期の頃、楊貴妃アルビノ幹之の卵とビュアブラック幹之の卵が同時に出品されていたときに、「楊貴妃アルビノ幹之の卵」を落札したそうです。

楊貴妃アルビノ幹之(親)
楊貴妃アルビノ幹之(親)

ピュアブラック幹之
ピュアブラック幹之(親)

そのときヤフオクの画面に出ていた親メダカの写真が、この写真だそうです。

Aさんのお問い合わせの内容は「これを見てご意見、感想をお聞かせください」と、いう内容のものでした。

僕は、この写真が送られてきて確認したとき、愕然としましたね・・・・・・

「やられた~・・・・・」

この写真をはじめに見ていれば、8人衆のメダカは購入していませんでしたね~・・・・

写真のことは何も知らないシロートの僕が見ても怪しさいっぱいの偽造写真だとわかります!!

さすがに8人衆もこの写真ではダメだと思ったのか昼間の二時間程度で出品を取り消したそうですが、Aさんはすでにそのとき楊貴妃アルビノ幹之には入札をしておりましたそうで、幸か不幸か落札と言う形で購入できたそうです。

僕は、Aさんには申し訳ないと思いましたが、この写真を見てこのように答えさせていただきました。

ピュアブラック幹之と楊貴妃アルビノ幹之の親メダカの写真を見せていただきましたが、僕はあきらかにこれは、写真の色の加工ではないか・・・・?  と、思います。
と、言うのはピュアブラック幹之の写真は、背中にあれだけ強い光が確認できるのに鰭にあの幹之独特の虹色色素が確認できないのは明らかに不自然でおかしいです。、実際に写真のように、わき腹付近まで幹之の光が回りこんでいるのなら鰭などに虹色色素が強く現れるのが普通です。

次にアルビノ楊貴妃幹之ですが、これだけ色の強いオレンジに幹之の光が体表に現れたものは見たことないし僕が幹之を使い交配した結果からすると不自然極まりないありえない固体です。幹之の背中の光を楊貴妃アルビノの背中に貼り付けたような写真ですね~・・・・・
しかし、中央のメインのメダカの奥に写っているアルビノ楊貴妃幹之の背中光ってるように見えますよね。あのような光の反射なら全く光が背中に確認できないメダカでも写真撮影のときの光のいたずらであのように光って写ることがよくありますよね。
僕は、ピュアブラックとスーパー幹之との交配もしましたしこの写真ほど赤くないですが楊貴妃アルビノとスーパー幹之との交配もしました。
そしてどちらもF4,F5まで追いましたが思うような結果が得られませんでした。

3年位前から楊貴妃アルビノとスーパー幹之と交配をして楊貴妃アルビノ幹之(アルビノでオレンジ系の色で幹之の光が体表に表われたメダカ)を作ろうと交配をかさねましたが、幹之の光が表われてくるのは肌色や白のアルビノに限られ色素の濃い目のアルビノには幹之のあの光が表われてこないので今はあきらめた状態なんですが・・・・・・

然し、上記からのオレンジ系の色素のアルビノにも間違いなく幹之の遺伝子は引き継がれております。

「何故、それが言えるのか・・・・?」と、いいますと

そのオレンジ系のアルビノの尾鰭を良く観察するとメダカが泳ぐ向きを変えるときに鰭を縁取るように幹之独特のあの虹色が浮かび上がるんです。
また、肌の質感もうまく言えませんが、のっぺりとした変な透明感のある質感です。
また、極めつけは、選別漏れにした幹之の光の表われていないオレンジ系のアルビノから卵を採って100匹以上孵化させますと白系のアルビノメダカが生まれその白系のアルビノメダカの中に幹之の光が背中にのったメダカが生まれてくるんです。
このような結果が出たことで体表に幹之の光が表われていなくても幹之の遺伝はしているものと確信しました。
どうもあの光は、ある色素が入ることで体表に表われてこなくなるようです。
それを今、突き止めようといろいろ交配をして観察をしております。
今わかっていることは無色(俗に言う白めだか)、灰色(俗に言うブルーメダカ)のメダカにはあの光が素直に体表に表われてくるということです。

ちなみにAさんが8人衆より「楊貴妃アルビノ幹之の卵」を落札し成魚に育て上げた写真をメールにて送って頂きました。
その送られてきた写真がこちらになります。
8人衆の卵より孵化したメダカ

8人衆の卵より孵化したメダカ

8人衆の卵より生まれたメダカ


ただ、Aさんが購入したメダカを見ますと幹之と交配されたメダカには間違いないです。

なぜそれが言えるかと言いますと僕が幹之を使用し他種交配をしたメダカと同じような感じのメダカたちだからです。
このメダカにアルビノ遺伝子を持っていれば次の子でアルビノが現れてきますが色が濃く現れたアルビノには幹之の光が確認できないし、幹之の光が確認できるアルビノは色が白系、肌色系に限られます。

そういうところからみてもあの写真のようなアルビノ楊貴妃幹之、ピュアブラック幹之は、出来ていないと僕は思いますよ。。

と、言う内容のやりとりでした。。

ほとんど僕の体験からのお答えですので正しいかどうかは定かではございませんが、これを見ていただいた方達にとって何かのヒント、または、なにか参考になる事柄があるのではないかと思いAさんにお願いをして記事とさせていただきました。

Aさん、ありがとうございました。。








ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします♪


大きい文字
スポンサーサイト
[ 2012/10/20 14:53 ] メダカ | TB(-) | CM(1)
たけちゃん
ピュアブラック幹之(親)
ずーっと見覚えがあるなーと思っていたけど
やっとわかったwww
アオリイカの仕掛けのサバカラーの餌木だw

[ 2012/11/14 07:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。