花美館ブログへようこそ!

新京成線元山駅前「花美館」よりお花とメダカに関する情報を発信していきます。
花とメダカの~花美館ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  メダカ >  勉強してきました・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勉強してきました・・・・

お盆で忙しくブログの更新が滞ってしまいました~・・・・

すいません~~~~!!

お盆前にメダカのブリーダーさんのところに勉強に行ってきました!!

そこはハウス内に寒冷紗を張り巡らし大きな業務用の換気扇と扇風機でガンガン風をおくっておりエアコンの効いた部屋と違いとても心地よい環境でした。

めだか飼育環境

ここも親めだかから卵を採るのはペア採りを基本としており系統管理がしっかりとなされておりました。

ぼくが、ビックリしたのは、どれも孵化容器が小さいということでした。
2~3L位の容器に稚魚が過密状態でぎっしり生まれているんです!!

僕 「こ、これで大丈夫なんですか・・・?」

T氏「ウン、だいじょうぶだよ!!容器が小さい分、毎日3分の1位水が蒸発しちゃうでしょ、だから毎日新しい水を足すから毎日3分の1、水替えしてることとなってそれがいいんだろうね~・・・・
もちろん大きくなったものはちゃんと広い容器にゆるめていくけどね!!」

次に僕がビックリしたのはこの棚下でも稚魚を育てているということです。

棚下での飼育環境
僕は、稚魚は特に日光によくあて広い容器でゆったりと育て上げることを基本にしておりましたので棚下でのメダカの飼育はNGだと勝手に決め付けておりました。ここの飼育環境を拝見させていただいてちょっとカルチャーショックを受けました。

整然と稚魚の容器が並べられどれも元気に育っておりました。

ご覧のとおりどれもそんなに大きな容器ではございません、日当たりも弱いんじゃないかな、と思うような環境でした。

我が家のハウスのメダカ容器の棚下は恥ずかしながらガラクタ置き場と化してしまっており、この飼育環境を拝見させていただき僕も棚下でのメダカ飼育、繁殖に挑戦してみようと思いました。

まず今年は、棚下に放り込んでいるガラクタを整理しないと・・・・・

Tさん先日はお忙しい中、急にお邪魔したにもかかわらずいろいろと教えていただきましてありがとうございました。





ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします♪


スポンサーサイト
[ 2012/08/16 12:57 ] メダカ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。