花美館ブログへようこそ!

新京成線元山駅前「花美館」よりお花とメダカに関する情報を発信していきます。
花とメダカの~花美館ブログ~ TOP  >  スポンサー広告 >  メダカ >  勉強になりました!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勉強になりました!!

先日、あるメダカブリーダーさんのところに行って大変勉強になったことがありました。

それは、見たこと無いビックリするほど赤いアルビノの楊貴妃でした。
まさに濃色楊貴妃の赤目なんです!!
アルビノでこんなに赤い体色のアルビノが出るんだ・・・・・
と思いました。

もちろんその方は色揚げの餌など使用せず普通のメダカの餌でごく普通に飼育しておられました。
残念なことにそれを見て興奮してしまいその作出のしかた経緯などを聞くことに気がいってしまい写真を撮ってくることをすっかり忘れてしまいました。

が、あいかわらず下手な写真ですが、ちょっと想像してみて下さい♪

アルビノ楊貴妃
これは当店で琥珀や楊貴妃とアルビノを交配して作り出すアルビノ楊貴妃の色ですが、先日見て来たものは・・・・

楊貴妃

この楊貴妃のように体全体が濃い朱赤オレンジなんです。(写真はこんなですが、実際はもっと朱赤です)
そして目の赤いアルビノ!!
僕のアルビノ楊貴妃と次元の違いにビックリでした。

そのブリーダーの方をT氏としましょう。

T氏は、これを作り上げた経緯を惜しげもなく僕に教えてくれました。
僕は、濃色の楊貴妃と赤みの強い琥珀と2路線でそれぞれにアルビノを交配しアルビノ楊貴妃を作っていて僕の感じでは、後者の赤みの強い琥珀とアルビノの交配からのほうが濃い楊貴妃アルビノが取れるような気がずーっとしていたのですが、T氏は、琥珀は使わず、色の濃い楊貴妃にこだわってアルビノと交配したそうです。

皆さんご存知のとおりアルビノの遺伝子を持ち合わせていない楊貴妃を使用しアルビノを交配した場合1代目(F1)ではアルビノは生まれてきません。
そしてそのF1同士を交配して2代目の(F2)より黒目のメダカに混ざってアルビノが少々生まれてきます。

そのアルビノを見せてもらったらそれほど赤くないごく普通のアルビノなんですね・・・・

そして、ビックリし勉強になったのは、そこからです!!

そのF2で生まれたごく普通のアルビノの中から少しでも黄色みの少ない赤の強いようなアルビノを選別しまたそれ同士で交配するんだそうです。

そのようにして赤いアルビノは出来たそうです。

僕は、アルビノというメダカは、強い色素を持ち合わせていないからアルビノなんだ、だから色の薄いアルビノ同士、交配してもその親を越すような濃い色のアルビノなんか生まれてこないんじゃないか・・・・?

という変な固定概念があってそのアルビノ同士でF2、F3と追っていくようなことはしませんでした。
常に黒目の濃色楊貴妃や赤みの強い琥珀を使い戻し交配をして黒目のメダカから生まれてくる赤いアルビノを選別していましたね~・・・・

しかし、T氏はその血筋を信じ色が薄くてもそのアルビノ同士でF2,F3と追っていきその見事な朱赤のアルビノメダカが生まれたんだと言うことを聞いたときは目からウロコが落ちる思いがしました。

僕もお客さんには、新しいメダカを求めて他種交配したらF1,F2であきらめたらだめだよ、すくなくとも親を吟味しながらF4くらいまで追わなくちゃね!!
と、常に言っているくせにアルビノだけに関しては追っていませんでした。

本当にいい勉強をさせていただきました。

先日頂戴いたしました楊貴妃アルビノの系統の卵、翌日より孵化が始まりました。
濃色のアルビノ楊貴妃が出現してくれることを祈りつつ大事に育てさせていただきます。

Tさん、ありがとうございました。






ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします♪


スポンサーサイト
[ 2012/06/22 21:35 ] メダカ | TB(-) | CM(2)
先日は遅くまでお引き留めしてすみませんでした。
こちらこそ大変勉強させていただきました。
本当に有難うございました。
本日、早速…アルビノ朱赤♀2×♂1で少し数を作る算段をしてみました。
うまく出来たらご報告させていただきます。
今日、例のらめ君も我が家にやってきました。
ヤッパリ…綺麗ですね!!v-353
こちらも直ぐに増殖体制に入りましたので、何とかしたいと思います。
また、ご指導の程どうぞよろしくお願い申しあげます。
[ 2012/06/22 22:12 ] [ 編集 ]
Tさん、先日は遅くにお邪魔してご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

今度はもうチョット早い時間にお伺いしまた、じっくりと観察、勉強させていただきたいな、と思っております。

お邪魔でしょうが、そのときは又よろしくお願い申し上げます。

先日は、本当にありがとうございました。

              花美館   山崎
[ 2012/06/23 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。